Tawara Coin 仮想通貨

またまたまたMADE IN JAPANの話題になりそうなコインが誕生しました。

TawaraCoin
 
誕生したのもつい最近、2018年です。
 
この記事では『TawaraCoin』についての情報を、分かりやすくご説明していきます。
 
まだまだ情報が少ないですが、更新があり次第、当サイトでもどんどん情報を追加
していきます。

Tawaraコインとは?

①俵屋年彦さんが独自で作ったもの

②テクノロジーで人間を拡張するためのすべての活動を支援するトークン

③俵屋年彦さんの、VR講座・体験会、出版物・データ販売などで使用

つまり未知数なコインです。 

最近、DEXを使ったWaves のコインが増えてますね!!

俵屋年彦さんとは?

 

ブログ「たわらやっと」

札幌のコミュニティFM三角山放送局で、開局1998年からパーソナリティーを続けています。
2011年にソーシャルメディアの普及を目指すソーシャルパワーSAPPORP(http://on.fb.me/13VY5hi)を創設しました。

電子書籍(http://amzn.to/18ddM5v)にも挑戦しています。
さっぽろ自由学校「遊」で講師もしています。インターネット接続は基本的人権だと思います。
(※俵屋年彦さんのブログより)

俵屋年彦さんのブログ「たわらやっと」はこちら

朝日新聞 企画特集「北海道ソーシャル有名人」

ツイッターのフォロワーは道内最大級の約67万人。
ソーシャルメディアの「影響力」を表すクラウトスコアも道内トップクラスの67点。
札幌市白石区の会社員俵屋年彦さん(62)=ペンネーム=は、まさに「ソーシャル有名人」と呼ぶにふさわしい。

ツイッターでは映画情報やyoutubeの面白い動画を次々と紹介。
最近ではバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)の話題を提供したり、ツイッターの投票機能を使って様々なテーマについてアンケートしたり、フォロワーを飽きさせない。一方で自分の主張は出さないのが特徴だ。
「私の個人的な意見よりも、純粋に映画や動画に関する情報の方がフォロワーにとって価値があると思うからです」と話す。

ツイッター歴は7年。投稿が多いので一日中ツイッターをやっていると思われることもあるが、そうではない。通勤や昼休みのわずかな時間と、帰宅後に2時間ぐらいという。

備忘録代わりに始めたが、同時に「人と人とのつながり」を求める思いがあった。「ソーシャルメディアが出る前、インターネットではグーグルのような検索エンジンでほぼ自動的に情報を入手できるようになってしまった。便利ではあるが、人がつながり、交流する中で情報をやり取りする醍醐味(だいごみ)は失われてしまった」と俵屋さんは振り返る。

俵屋さんはインターネットが普及する前から、仲間たちとミニコミ誌を作って映画やイベントの情報などを発信していた。手間をかけて読み手に情報を伝え、感想や反応を糧に次号を編集するという双方向のやり取りを積み重ねてきた。「つながり」を重視するのは、そんな経験があるからだ。

俵屋さんはリアル(現実)な世界での活動も活発だ。西区の地域FM「三角山放送局」で18年にわたって映画紹介などのパーソナリティーを務めるほか、VRに関する市民講座の講師などもしている。すでに会社員という枠には収まらない存在だ。
(※2016年朝日新聞より)

朝日新聞デジタルの記事はこちら

Twitter

 今後に期待!!

Tawaraコインは、まず4月からVR・AR講座などの参加者に配布します。

VRの記事大変興味深いですよぜひ
 

今後が楽しみですね。

 
新しい情報が発表され次第当サイトでも情報を発信していきますので、是非楽しみにしていて下さい。
本記事での見解や意見はあくまで筆者個人のものであり仮想通貨投資が必ずしも利益になるというものではございません。仮想通貨への投資はご自身でしっかりとしたリサーチの上行ってください。
 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

☆取引所ランキング

COMIKETCOIN(CMIT)仮想通貨

☆初心者でも分かる!仮想通貨投資の始め方

☆販売所と取引所の違い

otaku token コミュニティを活性化させるエコシステムとは?

国産通貨SanDeGo(SDG)